ログイン: パスワード:   新規登録  パスワード紛失
 
メインメニュー
検索
オンライン状況
登録ユーザ: 0
ゲスト: 5
テーマ選択

(4 テーマ)
Top / NET / ActiveXの手動インポート

ActiveXの手動インポート

「ツールボックスアイテムの選択」でCOMコンポーネントを選択すると自動でActiveXコントロールをツールボックスに登録することができるが、自動で組み込むと都合が悪いことがある(私はあった)ので手動でラッパークラスを作成して組み込む方法を説明する。

  1. コマンドプロンプト(Visual Studio コマンドプロンプトがよい)を立ち上げる
  2. AxImp.exeを使用してラッパーソース付きで ActiveXのWindowsフォームアセンブリを作成する
AxImp ActiveXファイル名 /source

以下作成途中


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 3167, today: 4, yesterday: 0
Last-modified: Thu, 12 Mar 2009 01:55:02 JST (3198d)
PR